#にすた財団ブログ

2013年から暗号通貨について活動している、とあるモナコイナーのブログである。

2018年12月7日金曜日

歴史に名を遺す Monacoin Foundation(モナコイン財団)って?

NEM財団という有名な団体がありますが、最近NEM財団の選挙に際し、財団メンバーが開発の足を引っ張っているとか、利益相反だという批判がNEMコミュニティ内から出ているようですが、モナコイナーもそうでない人も、歴史に学んでみましょう。

モナコインは、外部への宣伝能力が低いとか言われますが、それを克服するために誕生した組織の紹介です。
そして、モナコイナーの黒歴史に踏み込んでいきます。

ちなみに、にすた財団は、NEM財団のパロディです。

Monacoin Foundation:http://monacoinfoundation.org/


2018年12月5日水曜日

僕らのモナコインちゃん!と共にモナキャラとコンペを振り返る


モナコインちゃんは、脇山Pが主催したモナキャラコンペにて生まれました。
モナキャラコンペに参加したイラストは、削除されているものもあり、全てを確認することは難しいです。

モナコインちゃんを生み出し神の名は、われせんコースター様 です。


2018年12月4日火曜日

モナコイナーによる同人誌モナコミと共に振り返る!

モナコイナーの新たな技術に対するワクワクや、暗号通貨オワタ\(^o^)/ という空気感が漫画を通じてグサグサ心に突き刺さる同人誌、モナコミの紹介です。
絵師たちが感じるモナコインについて、絵で表現するという、一次資料として、モナコイン史を語る上でとても重要な資料です。
まとめ役は、rinrin先生で、プロの漫画家です。
下記で、創刊号〜第5号までのバックナンバーを無料公開中です。
モナコミ:バックナンバー

第5号の表紙はこんな感じ。


では、モナコミの発行日周辺の雰囲気を眺めて行きましょう。

2018年12月3日月曜日

株式会社アクセル(6730)の設立した株式会社VIP POOLについて



株式会社VIP POOL(東京都千代田区外神田)と、モナコインの最古のマイニングプール(2014年2月3日開設)の一つであるVIP POOLが運営する暗号通貨の技術ブログです。
VIPPOOL開発者ブログ

VIP POOLは個人が運営していましたが、株式会社アクセルによって設立された株式会社VIP POOLへ譲渡することが発表されていました。
詳しくは、こちらのプレスリリースをご覧ください。

現在、株式会社VIP POOLが提供しているサービスは
です。

親会社の株式会社アクセルは、東証一部に上場しており株式が売買可能なので、モナコイナーみんなで買えば・・・、
筆頭株主 モナコイナー有志一同
なんてモナコイナー関連企業にだってできちゃうぞ。

ハードウェア開発について、ASICが開発されている今、FPGAではなくASICを開発し、発売してほしいと思います。
ASICについてはこちらをどうぞ。
LYRA2REV2対応のASIC MINERとモナコインの今後

一応、ブロックチェーン関連株になるのでしょうか。
暗号通貨が盛り下がる今、この言葉にどれほどの求心力があるのかわかりませんし、実際はあまり力を割いていないのかもしれませんが、こんな時だからこそ、技術ブログを公開しているVIP POOLを応援したいです。


2018年12月1日土曜日

ビットトレードがHuobiグループとして再生

取引所紹介です。
ビットトレード:https://bittrade.co.jp/

マイナーな取引所で、利用者の声を聞きませんでしたが、今回Houbiグループとしてシステムを更新することなので、調べてみました。

取り扱っている通貨やUIからもわかりましたが、Bitbankとホワイトラベル契約を締結しており、Bitbankのシステムが稼働していたようです。

【無視するとどうなる?】 ZAIF「承継同意お手続きのお願い」のまとめ

11/22よりZaifの運営がテックビューロ社からフィスコ仮想通貨取引所に変更になるため、この移行についての同意を求めるメールを送っていた。

2018年11月27日火曜日

暗号通貨の裏コンセンサスアルゴリズムの説明


記事とは関係はないが、モナコインやXEM払いでピザやビール、生ハムを提供していた男性

ブロックチェーンは、取引が記録されたブロックを、次々に繋げていく必要がありますが、誰が次のブロックを繋げるかの決め方をコンセンサスアルゴリズムといいます。
裏コンセンサスアルゴリズムの説明をする前に、一般論として、コンセンサスアルゴリズムの説明をします。

最終的にお伝えしたいのは、取引所で購入する以外のモナコインの入手方法です。

2018年11月20日火曜日

「光の取引所」のビットバンク(Bitbank)の評判


写真はBitbank社の前にいる男性です。Bitbank社は関係はありません

モナコイン関連サービスの紹介です。
Bitbank:https://bitbank.cc/

2018年11月17日土曜日

BCHで巻き起こる分散型社会の限界と公共財 #暗号通貨界隈のキーワードを考える


本記事とも仮想通貨とも関係がない男性の写真

BCHのハッシュウォーとハードフォーク

BitcoinABC陣営(ABC派)とBitcoinSV陣営(SV派)にコミュニティが分裂していましたが、2018年11月16日ごろ、BCHのブロックチェーンが分裂しました。
それぞれの陣営には、リーダー的な存在がおり、多くの者が彼らの意見に耳を傾け、議論がなされました。

SV派のリーダーは、ビットコインの発明者である"Nakamoto Satoshi"本人を名乗っており、Satoshi's Visionの文字を略してSV派と名乗っています。
彼らは、"Nakamoto Satoshi"本人に率いられた、"Nakamoto Satoshi"の思想を継ぐ者たちと思われます。
(ABC派からは、かのリーダーは、Fake Satoshiと呼ばれています。)


モナコイナーのSatoshi's Vision、漫画『支払いはmonaで。』を読むべし

暗号通貨や仮想通貨漫画の先駆者

にすた財団により勝手に認定、モナコインナー思想のバイブル的存在、『支払いはmonaで。』の紹介です。

作者は 須山先生 です。
多くのモナコイナーが暗号通貨に出会った時に感じたことを、代弁しているのではないかと思っています。

ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)が思想の違いでハードフォークしていますが、これは、モナコイナーのSatoshi's Visionみたいなもんです。
(こう書くと、真面目な人から反論が来そうですが、これがジョークだとわからない人はもっと頑張りましょう)

岩場で足が痛いシャークスコープ(ハワイ州オアフ島)


ハワイでのシュノーケリングといえば、シャークスコープ。
感覚的な話ですが、あまり日本人に出会わないビーチです。
ビーチというか、岩場です。
あまり日本人に出会わないのは、遠くて足場が岩場で痛いからなのかもしれません。

"Thebus"で行く場合は、本数が少ないので、車で行くことをお勧めします。

2018年11月16日金曜日

買い物するなら「モナ文具」

大正に創業した歴史ある株式会社トモエヤ商事(愛媛県松山市)の運営する、モナ払いの総合ショッピングモールを紹介します。

会社の沿革はこちら
モナ文具:https://tomoeyasyoji.com/monabungu-woo/
出典 モナ文具
(誤って記事を削除してしまったため、新たに書き起こしています。)

2018年11月12日月曜日

ブロックチェーンと台風コロッケ「H-アッシュ-仮想通貨BLOODとAIになった歌姫」

仮想通貨に関するSF小説のご紹介。
著者は、MinAmieさんです。

H -アッシュ- 仮想通貨BLOODとAIになった歌姫
オフ会でお会いした時に本にサインしてもらいました。
やったね。

2018年11月9日金曜日

モナコイナー、Tokyo Demo Fest 2018 をブロンズスポンサーとして支援

モナコイナーの有志が、Tokyo Demo Fest 2018 をブロンズスポンサーとして支援します。

出典 Tokyo Demo Fest