暗号通貨で旬の会席料理を堪能する方法

鱧と丸茄子の煮おろしを持つ女性

暗号資産が「暗号通貨」と呼ばれていた時代、人々は暗号通貨での買い物を夢見た。しかし、今では通貨として使う者も少なくなり、「暗号資産」へと人々の意識も変化しつつあるように思う・・・。

しかし!モナコイナーは頑固なのである!今だに彼らの間では「暗号通貨」としてモナコインは存在しているのである!

「暗号資産で衣食住を満たしたい」

これは、世の中のすべてのコイナーの夢である。

モナ払いに対応した「食」については、CryptoBentoのちょめじ氏により弁当の販売や、表参道燻製堂にてカレーの提供がなされている。

さらに、一歩進んだ風雅なモナコイナーとなるべく、季節の旬の食べ物を暗号通貨で食べることを決心し、実行した。


鱧(ハモ)尽くしのコース料理を暗号通貨払いで堪能する

初夏の候、創業13年、神田にある「輝きらり」で、鱧尽くしコースをお願いした。

支払いはモナコインであるが、その他の支払い方法については、お店に予約の連絡をするついでに問い合わせてみてほしい。

献立は、

  • 新緑寄せ(鱧団子ほか)
  • 鱧葛打ち清汁仕立て
  • 湯引き鱧 伊佐木焼霜 平目重ね
  • 金目鯛兜岩塩焼
  • 鱧と丸茄子の煮おろし
  • 青蒟蒻酢味噌
  • 稚鮎と季節野菜の天麩羅
  • 焼鱧雑炊
  • マンゴーアイスデコポン

である。

姉妹店に、創業81年という、大お姉さんの「神田喜久むら」もあるので、和牛が大好きな方は、こちらも行ってみてはいかがだろうか。主に宮崎牛を使ったお料理を堪能できるらしい。

関連リンク

暗号通貨でVRアバターを購入する方法

暗号通貨でイラストの制作委託をする方法

輝きらり は、もにゃを使用しているので、もにゃが対応している暗号通貨は、もしかしたら決済を受け入れてくれるかもしれない。

今回は、鱧を頼んだが、雲丹料理が非常におすすめなお店でございます。

Powered by Blogger.