ワイキキとダイヤモンドヘッドを一望するタンタラスの丘(ハワイ州オアフ島)

 タンタラスの丘のお勧めポイントで撮影

タンタラスの丘 [Tantalus Mountain] は、ワイキキの北の方にあり、マノア バレーを形成する山です。

Wikipediaを見ると、近隣住民のハイキング地として憩いの場になっているとの記述がりますが、歩いて行くのは結構辛いので、近隣住民はハイキングで行くことはないと思います。 レンタカーを借りているときに行きましょう。所要時間は片道15分くらいで、1時間あればワイキキから往復できると思います。
お勧めの時間帯は、日没直前のマジックアワーです。
夜はダイヤモンドヘッドが見えなくなるので、夜景とダイヤモンドヘッドが同時に楽しめるマジックアワーの一瞬を狙いましょう。
お昼も青空と海とワイキキとダイヤモンドヘッドが一望できて素敵です。

周辺環境

タンタラスの丘の一番奥には、駐車場があるので車で行くことができますが、お勧めのポイントは手前です。
ラウンド・トップ・ドライブの下記地点で車を止めましょう。
なお、周りには駐車できるスペースがあるのみです。

こんな場所

ワイキキから車で15分走らせる。 日が沈む直前が美しいので、日が暮れる前に到着したい、だけど、特に何か遊べるスポットでもないので、早く着いても面白くない、そんな絶妙な時間を狙ってくねくね道を走る。
歩いていこうとすると、現地の人に止められる距離である。
現地の人は車でさっと行く。

お勧めのポイントからは、ダイヤモンドヘッド、大空、海とワイキキが一望できる。
ワイキキにいては見ることのできない景色が広がっている。

谷側に目を向けると、そこにはマノア バレーが広がっている。
マノア バレーは、(多分)日系人が多く住んでいる地域で、寺もあるのでお盆の時期にはBon Danceという盆踊り的な祭りが催される。

マノア バレーには、フォトジェニックな建物のスターバックスや、お土産のお菓子を買うのに便利なスーパーマッケットのセーフウェイ、モヤさまでも紹介されたサンドイッチ屋が固まっているので、こちらに立ち寄るのも良いかもしれない。
マノアバレーの観光のポイント(ハワイ州オアフ島)
Powered by Blogger.