BTCPayServer(Monacoin)の初期設定から請求まで

BTCPayServerの初期設定方法を説明します。

BTCPayServerは、オープンソースで開発されている決済システムです。
本人、又は第三者の立ち上げたサーバに登録をする必要がありますが、サーバには秘密鍵を登録する必要がないので、セキュアです。

使用感についてはこちらの記事をご覧ください。
BTCPayServer(Monacoin)体験用サンプルページ

使い始めるのに必要なものは、
  • Eメールアドレス
  • Electrum-Mona または Coinomi
です。

更新情報
2019年4月5日 レートについて、MONA/JPYレート(Bitbank)の取得方法に修正

新規登録

BTCPayServer:https://btcpay.electrum-mona.org/
このサーバは、脇山Pが動作確認のために立ち上げたテストサーバです。
テストサーバなので、予告なく閉鎖されることもありますが、BTCPayServerをいじって動作の確認をする分には問題ないでしょう。

では、まずアクセスします。


一番最初に行うのは登録(REGISTER)です。
右上からのメニューボタンを押すと表示されます。
どこから登録するのかわかりにくかったです。


REGISTERを押すと、一般的なメールアドレスとパスワードの登録画面が表示されますので、入力したらRegisterを選択。


すでに、「にすた財団購買部」が作成されていますが、初期状態では何も作成されていないので新規作成(➕Create a new store)を選択しストアを作成します。
ストアに入金先のモナコインウォレットが紐づきます。


ストアの名前はご自由にどうぞ。

General Settings(一般設定)


ストアの名前を登録すると、General Settingsの画面になります。
うっかり閉じてしまった人は、メニューのSTORESからストア名のSettingsを押してください。

今回は、必要最低限の設定のみ記載しますが、
Derivation Schemeは設定をしないと請求書を作成できない部分です。

Derivation SchemeModifyを選択します


この部分に、モナコインアドレス(公開鍵)を生成するためのマスター公開鍵を入力します。
マスター公開鍵はElectrum-Monaより取得が可能です。


Electrum-Monaを開き、メニューのウォレットから、Informationを選択するとマスター公開鍵が表示されます。

Coinomiのマスター公開鍵の表示方法はこちら。
Coinomiのスマホウォレット(口座)開設方法(BTC・BCH・ETH・MONAなど複数通貨対応!)

入力し、Continueを押すと、マスター公開鍵から生成されたモナコインアドレスが表示されます。

なお、Electrum-Monaの作成についてはこちらの記事をご覧ください。
高機能だぞ、Electrum-Mona


次に、Hint addressに、Electrum-Monaのアドレスをどれか一つを上記の枠の中に入力し、Confirmを押すことで、問題がないかの確認をします。

そのモナコインアドレスが入力したマスター公開鍵で生成されるモナコインアドレスであれば、エラーが出ず通ります。

その他重要な設定



は、顧客が送金を行う(トランザクションを生成する)までの期限(分)です。
は、顧客の送金(トランザクション)が③で設定した回数の認証するまでの期限(分)です。
は、送金とみなす認証回数です。0認証(Is unconfirmed)、1認証、2認証、6認証から選べます。(2018年12月11日現在)

それ以外にも、
  • Add network fee to invoice (vary with mining fees):(チェック無し)
送金手数料を請求金額に予め追加するかについてです。
これはチェック無しでいいと思います。

設定が完了したら、Saveを選択して保存します。

Rates(モナコインのレート)


次に、Ratesを選択してください。

Turn on advanced rate rule scriptingを選択し、Continueを押してください。

 MONA_JPY = bitbank(MONA_JPY);

上記を入力したら、Saveを選択して保存します。

以上で初期設定は完了です。

Checkout experience(決済画面)

お好みで追加してください。
必須ではありません。
  • Link to a custom logo:(決済画面に左上に表示したいロゴのURL)
  • Custom HTML title to display on Checkout page:(決済画面のブラウザタイトル)
  • Default language on checkout:(日本語が良いと思います。)
  • Requires a refund email:(チェック無し)
Requires a refund emailは、決済QRコードを表示する前に、メールアドレスの登録を求めるかについてです。
用途により選択してください。
表示させない場合は、チェック無しです。

INVOICES(請求書作成)

請求書の作成は、メニューのINVOICESを押します
請求書の新規作成(➕ Create an invoice)で請求書を作成できます。

下記が必須入力項目なので、入力してください。
  • Amount* :(請求するモナコイン額)
  • Currency*:(USDからJPYへ変更)

参考になった方は、寄付をいただけると嬉しいです。
寄付した方は、39 SUPPORTERとして表示します。


*Bitbankのレートを使用

ちなみに、APIについては互換性があるとのことで、こちらをご覧ください。
BitPay API

Invoiceを20以上作成し、連続して受け取っていないアドレスが20続くと、それ以降の入金をウォレットで認識できなくなります。
その場合は20個のうち、適当なアドレスにコインを送ってください。
詳しくは下記の記事に書きました。
暗号通貨のウォレットとGAP LIMITについて

メニューのAPPSから、この様なショッピングページが作れますので、値段が決まっている場合には、店頭でスマホ画面さえあれば、すぐに請求を作ることができます。
Powered by Blogger.