伝説のPCゲーム「DEADLOCK: PLANETARY CONQUEST」の登場エイリアン紹介



1996年に、Windows 95専用ソフトとしてリリースされたこのゲームは、本記事の執筆者である にすた氏が子供のころにやりこんだ記憶のあるゲームである。
このゲームは、各惑星のエイリアンが様々な理由(マニュアル参照)でとある惑星へ入植を試みるものの、他の惑星のエイリアンと遭遇し、惑星の覇権を巡って争うターン制戦略シミュレーションゲームである。
基本的なゲームの目標は、入植者たちを労働させ、食料、木材、鉄などの資源を回収しつつ、研究開発を進め、兵器を製造し敵の殲滅、または文化的に圧倒し、惑星の覇者となることである。
Windows XPになってからは起動していなかったものの、ゲームデビューが「シムシティ2000」とこの「DEADLOCK」である私にとっては、思い出のゲームであり、一生忘れられないゲーム体験である。
先日、Steamで再版されていることを発見し、アップデート版であるDEADLOCK II: SHRINE WARS」(英語)を購入した。
日本語版をプレイしていたが、20世紀のPCゲームだからか、日本語での情報があまりにも少ないので、本記事で紹介し、ウェブ上に情報を残したいと思う。
Windows10の方の購入後のプレイ方法は、こちらを参考にしてほしい。

Windows7互換モードで起動しているが、うまくスクリーンショットが撮れないので、割愛しているが、撮れたら画像を追加しようと思う。
以下、マニュアルに記載されているが、英語なので日本語で改めて紹介する。
*誤訳があれば教えてほしい。

種族設定(アビリティ)

エイリアンは、それぞれアビリティとして特徴がある。
ゲーム開始時のエイリアン選択の参考にしてほしい。
エイリアンたちの歴史的背景設定も作りこまれているが、とても長いので割愛し、別のタイミングで翻訳する。
CHCH-T(チュチュット)
蟻や蠍のような昆虫系のエイリアン(にすた氏評)
チュチュットの入植者たちのモラルを低下なしに急速に人口が増加させ、支配地を埋め尽くすが、彼らはクローン技術を蔑視しており、クローンセンター設置すると急速に入植者たちのモラルの低下を引き起こす。
彼らの陸上及び海上軍事ユニットは弱いが素早く、航空軍事ユニットは、他のエイリアンに比べ優れている。
彼らの集団意識は、労働者を速やかに組織化するので、軍事ユニットの生産スピードも速い。しかしながら、テクノロジーの研究開発スピードは遅い。
彼らの工作員(以下、スカウト)は敵支配地域から資源を盗むことができる。
CYTH(シス)
顔は象みたいな感じ…?悪魔的な見た目のエイリアン(にすた氏評)
シスは不幸を感じないため、重税を課すことが可能である。なぜなら、彼らの特殊な体質により、食事が不要だからである。彼らの特殊部隊(以下、コマンド)によるマインドブラストは、敵軍事ユニットの脳みそをゼリー状にしてしまう。(そんなスキルがゲーム中にあったか!?)
彼らのスカウトは、入植者が蓄えた食料の半分を破壊する土地汚染を行う。
HUMANS(人類)
いわゆる地球人(にすた氏評)
経済活動に優れ、貿易と課税を通じて高い収入を得て、また資源の輸送コストは他のエイリアンよりも少なくすむ。
彼らの歩兵部隊にはバーサク化オーダーで二倍の戦闘能力を得るが、その場合作戦終了後に死亡する。軍事ユニットの維持費は、他のエイリアンよりも高い。
彼らはモラルの低下をもたらすスキリニーンとの取引に非常に敏感である。
MAUG(モーグ)
角が生え、ガスマスクをした猫背のエイリアン(にすた氏評)
モーグの入植者は、高度な技術の施設及びユニットを速やかに開発し、大量の金属であっても、他のエイリアンよりも早く生成する。
彼らのスカウトは敵のユニットと施設でサボタージュを容易に誘発させることができる。
彼らの軍事ユニットはスパイの逮捕に優れるが、歩兵部隊の防御能力は低い。
すべてのモーグは、慢性的に様々な病気に侵されているので、モラルが低下し始めると、急速に低下していく。
RE'LU(レイル)
盲目のひょろっとした顔の青いお坊さんのエイリアンと犬(にすた氏評)
レイルは、惑星の地表を見渡し、複雑な戦略を計画するための独特な情報源を得るサイキック能力を持つ。
彼らのスカウトは敵支配地域のモラルを低下させることができ、彼らのコマンドは他のユニットの精神を操り、戦闘中レイルのために戦わせることができる。
彼らの軍事ユニットは、他のエリアンと比較すると弱い。
TARTH(タース)
カバ的な、土佐犬的な顔したがっちりした体格のエイリアン(にすた氏評)
タースは戦場のベヒーモスである。(どういう意味の比喩だろう??)
すべての軍事ユニットと防御施設は力強い攻撃力と防御ボーナスを持っている。ただし、海上ユニットは他のエイリアンほど強力ではないが。彼らの歩兵部隊には敵施設を粉砕する強襲突撃オーダーができる。
彼らの旺盛な食欲に駆られ、彼らの農場は食料生産に優れている。
彼らのしょぼいスカウトによる下手なスパイ活動により、彼らのスカウトはしばしば逮捕されている。
UVA MOSK(ウヴァ・モスク)
芋虫のように手がたくさんあるエイリアン(にすた氏評)
彼らと自然との結びつきは、自然資源の生産を他のエイリアンよりも優れたものにしている。
彼らのコマンドはシャーマンダンスをすることで、支配地域の資源生成にボーナスを生み出す。
すべてのウヴァ・モスクの歩兵部隊は他の入植地域でスパイ活動が可能であり、敵のスパイの発見機会に優れている。
彼らの軍事ユニットは、維持費が少なく、軍事教練センター(ミリタリートレーニングセンターー)での練度上昇スピードが高く、戦闘行為中に素晴らしいダメージをもたらす機会に優れている。
彼らの献身的精神から、入植者が反乱を起こすことは稀であるけども、他のエイリアンよりも納税金額は少ない。
SKIRINEEN(スキリニーン)
プレイ可能エイリアンではなく、単独で惑星の近くにうろつき、闇取引を行う存在。歴史的背景から、全エイリアンから嫌われており、彼らと取引をするとプレイヤーは指導者としての支持を入植者から失う。(にすた氏評)
ブラックマーケットの商人で、あなたが何かを望めば、スキリニーンと取引をすることができる。
TOLNANS(トーナンス)(読み方自信がない)
プレイ可能エイリアンではなく、ゲームの解説役的なポジションのエイリアン。歴史的背景の説明も、このエイリアンがしている設定のようだ。(にすた氏評)
Powered by Blogger.