WEB小説『暗鬱少女態』のレビュー

モナコインが登場するWEB小説『暗鬱少女態』の紹介です。

先の大戦は終わり、満洲はまだそこにあった第二次世界対戦後の満州。


公式Twitterアカウントのヘッダーより引用

日本は破れ、中国大陸は混乱の中にあった。

世界設定は、「東亜細亜統一戦線・赤風」、「満洲共産主義者同盟」なる武装組織が活動し、「五族協和連盟(協連)」と呼ばれる自治政府は手を焼いている。
ロシアの南下も危惧され、朝鮮半島は南と北で内戦が続いているのであった。

ストーリーは、現在のところ主人公がヒーローとなり、世界に平和をもたらすような話ではなく、全体的に救いのない話である。
例えば、道中で会話した老婆が実はスリで、お金を盗まれたので取り返した上で撃ち殺したり、山賊となった「自由朝鮮軍」の脱走兵らを騙して妻子共々、奴隷商人へ売り払ってしまうのである。

傭兵たちが依頼をこなしたのちに、依頼者を脅そうと、交渉に行った結末などは、これが現実だとダークな世界観の余韻をたっぷりと読者に味あわせてくれる。

本作の特徴として、またこのブログで取り上げる理由の一つに、萌奈币(モナコイン)が現地の通貨として表現されていることである。
モナコインを知らなければこの小説を読めないというものではなく、設定として登場するに過ぎないが、このブログで紹介するのに十分である。

モナコインが裏で流通する通貨なのか、協連公式の通貨なのかは不明だが、相場としては以下の通りである。

  • ラーメン工場への武力行使を含んだ「調査」の依頼:150モナ
  • 奴隷商へ人間の売却:100モナ/人
  • 厄介な組織との交渉を含む遺体の回収:300モナ
  • 野盗が請求する貧困層への汽車の通行料:3モナ
あえて、日本円でレートが想像できないように書いているのだと思われるが、人の命が安い世界なので、高いのか、安いのか読者によって想像が広がる部分であろう。

もちろんモナーも登場するが、作中では名前不明ということで「三吉」と呼ばれている。

主人公ごとにストーリーが展開する内容で、現在は2人目が連載中である。
ぜひパンクな世界観と、読後の不思議な余韻に包まれてほしい。

鋼・娘娘・牡丹 奇妙なスープと令嬢の愛した骨の肉

花びら・越ヶ矢ウサギ 忘れえぬ小籠包の肉汁に思いを馳せて
Powered by Blogger.