マイニングセンター設立のお知らせ

設置前のマイニング機器の一つ

お知らせ

にすた財団(以下、「当財団」)は2019年3月6日(水)に米国にマイニングセンターを設立いたしましたのでお知らせいたします。

 当財団はモナコインに関連する活動に注力し、モナコインを人々により身近な存在となるよう努めております。
 モナコインをはじめとするPOW型暗号通貨が発展・普及していたためには、通貨としての信頼の確保、すなわちマイニングによるブロックチェーンの安定した運用が必要不可欠ですが、2014年のモナコイン誕生以来、フォーク元のライトコインとハッシュパワー獲得競争で競合するなど、度重なるブロック生成遅延などが発生しており、安定したブロックチェーンの生成はモナコインユーザにとって悲願でありました。さらに、2018年5月にモナコインのブロックチェーンに対し、BLOCK WITHHOLDING ATTACKが行われ、モナコインの信用に対し危機的な状況が発生しました。

 当財団の前身であるモナコイン商會は、2014年よりモナコインのマイニングを行ってまいりましたが、採掘難易度の上昇及び日本国内における電気代などの採掘コストが賄えないため、マイニングを休止し、2017年にモナコインの価格が高騰したことで、採掘コストを賄えるという判断に至りマイニングを再開いたしましたが、昨今の価格低迷のため再びマイニングを休止していました。

 当財団はモナコインの更なる発展と安定したモナコインブロックチェーンの運用に貢献すべく、採掘コストを今まで以上に合理化・効率化したASIC等のマイニング機器を複数設置したマイニングセンターを設立し、モナコインのマイニングを再開することにいたしました。
 今後は、モナコインのブロックチェーンの安定性を確認しつつ、段階的にマイニング設備を増強していく予定です。

その他情報

マイニングセンターの名称:にすたマイニングファーム(仮)
マイニングセンターの設立地域:米国
マイニング機器の種類:ASIC及びGPU
マイニング機器の台数:非公開
マイニング対象のコイン:非公開
マイニングプールまたはソロマイニング:非公開
Powered by Blogger.