新年挨拶


新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



実質的に冬眠していた期間があるので5年間とバシッと言えませんが、私がモナコインの活動を始めて5年間が経ちました。
その間に、カードゲームの販売サイトであったMt. GoxがGoxし、その後、仮想通貨が法律で定義され、取引所が金融庁の監督下に入るることで仮想通貨バブルが到来、そして崩壊、某暗号通貨グループの政治闘争グループ化と様々なことがありました。

2014年においては、ビットコインが存在していたものの、日本では暗号通貨を実際に活用する土壌はありませんでした。
実際に暗号通貨を活用したいと思い、多くの者がモナコイナーとなり、集まり、様々なサービスを作ってきました。
そして、私は主にユーザとして参加してきました。

暗号通貨は、不特定多数のマイナー等が支える仕組みであるため、従来の企業単体が提供するサービスと異なり、様々な事情で、企業がやらないようなニッチな需要を掘り起こしたと思います。

日本では様々な大人の事情で決済サービスは規格が乱立していますが、暗号通貨はそれらに正面から対抗する必要はなく、それらの狭間にあるニッチな需要に答えることができるものだと思います。
したがって、企業が使い始めないと意味がないとか思いませんし、暗号通貨が銀行を滅ぼすとか、世界の全員が使う世界というのは、積極的には想像していません。

2019年も、私は政治闘争やポジショントークに始終することなく、ユーザとして、また暗号通貨の開発者やサービス提供者へのサポータとして様々な形で関わりたいと思います。

2019年元旦
もなこいにすた

追伸

モナカードはこちら。
Powered by Blogger.