2013年から暗号通貨について活動している、とあるモナコイナーのブログである。

2018年11月17日土曜日

岩場で足が痛いシャークスコープ(ハワイ州オアフ島)


ハワイでのシュノーケリングといえば、シャークスコープ。
感覚的な話ですが、あまり日本人に出会わないビーチです。
ビーチというか、岩場です。
あまり日本人に出会わないのは、遠くて足場が岩場で痛いからなのかもしれません。

"Thebus"で行く場合は、本数が少ないので、車で行くことをお勧めします。

周辺環境

周りには"Thebus"の停留所、フードランドというスーパー、ビーチグッズのレンタルショップ、フードトラックがあります。

こんな場所

シャークスコープへは、シュノーケリング目的で行きました。
すぐ浅瀬に様々な種類の魚が泳いでいました。
休憩がてら、浅瀬で漂っていると、なんと魚が自分の周りを泳ぎ始めるのです。

大きな魚を見つけて、魚を追いかけている間に、
「将来、漁師になっても良いかな。漁師になって、魚を捕まえて、気ままに毎日過ごしたいな」と思いました。

大きな魚を追いかけているうちに、疲れた。

食べてすぐに動きすぎたようで、少し休もうかと思ったが、足下を見ると、大量のウニみたいな何かがいるのです。
怖い。怖すぎる。

ウニみたいな何かを踏まないように、片足で岩に立ち、休もうとすると、襲いかかる波。
惨い。惨すぎる。

私は海水を飲んだ。 私は溺れた。

海の最も悪い点は、海水は塩水であるということでしょう。
なぜあんなにもきつい塩味なのでしょうか。
少し飲み込んだだけで、吐きそうになる。

漁師になってもいいな、なんて思っていたのも忘れ、「だから海は嫌いなんだ」と、吐く。

するとどうでしょう、吐くと、大量の魚が私の周りに集まってくるではないですか。

「おお、すげえ、魚のパレードだ」なんて考えていましたが、魚が私の足を噛み始めたのです。

さっきまで、私が追いかけると逃げていた魚たちが、私を追いかけ始めました。

「マジで悪かったって!マジで許して!」という気持ちで必死に逃げるものの、海の中を激しくもがき、魚が近づいてこないように逃げ、何とか逃げ切れましたが、逃げ切った後、疲れてまた少し吐きました。

私は急いで、再び、逃げ出しました。

関連リンク

ハワイ好きモナコイナーによるハワイの概説